巷によくある不思議なことが明らかに不釣り合いのカップルです。デブ
「なんであんなに素敵な男性なのにあんなブス女と結婚するの?」
「あんな美人になんであんなに不細工な男と結ばれるんだよ!」
なんです。

社会的に成功している
「医者」
「青年実業家」
「イケメン」
が普通の女性(見た目はブスに近い)と結婚する。

誰が見ても美人なのに
「ハゲ」
「デブ」
「ジジイ」
と結婚することに不思議に感じていませんか?

それ、もしかしたら身体の相性がバッチリだからかもしれません。
つまり同じ性癖を持っているからかもしれません。

能ある鷹は性癖を隠す!成功者や美人ほど変態気質があるものだ

意外と「イケメン」「社長」「金持ち」「美人」に変態気質のあると知ったら驚くでしょうか?
実はこれ、よくある話なんです。
芸能界でも女性からキャーキャー騒がれる男性が同性愛者だったりすることは珍しくありません。
これ、普通の世界でも相談です。

能ある鷹は性癖を隠す理由は「一度アブノーマルセックスを経験したらもう普通のセックスでは満足できない」

仕事に打ち込み出世してお金持ちになる男性ほど相当なストレスを抱えています。
それは普通の意男性とは比べられないほどなのです。
昼夜を問わず仕事をしているのですから、そのストレス発散はどうしているのでしょうか?
少なからず成功者ほどセックスでストレス発散をしていることも多いのです。

女性からちやほやされているイケメンの男性はもう女性には不自由なんてしません。
いつもたくさんの男性から言い寄られている美人なら、いくらハンサムで男前の男性から言い寄られることにもう辟易しています。
でも、いつもマンネリのセックスに飽きてきてしまいます。

そんな状況で「アブノーマルのセックス」の快楽を知ってしまったら・・・?

もう、普通のセックスでは満足できなくなるものです。

性癖の合う異性が最高

イケメンや美人
確かに若いうちはとても重要な異性を選ぶポイントです。
しかし、ある程度位の年齢を重ねると、それ以上に重要なポイントが出てくるのです。
それはズバリ
身体の相性
なんです。
いろいろな恋愛経験を経て、
いろいろな異性とのセックスを経験して、
行く着くのは最終的に性癖の合う相手が最高だという事実を知るのです。

能ある鷹は性癖を隠すのは「性癖」を秘密にしなければならないから

しかし、まだまだ自分の性癖をオープンに話せる時代ではありません。
そんな自分の性癖をオープンにしてしまうと今の社会的地位まで失いかねないからです。

他人とは異なった性癖を持つ人は多かれ少なかれ心に傷を持っています。
それが原因で別れとなったことは数知れないからです。

欧米では比較的性癖についてはオープンに語られています。
LGPT問題には早くから政策も打ち出しています。
そんな流れから日本でも少しずつそんな流れが出てきています。

法務省 LGBTのホームページ

いつか、この日本も自分の性癖がオープンに話せる時代がくればいいのですが・・・