夫の性癖
ベッドの上で夫のあなたは
妻に「セックスでこうして欲しい」と言えますか?
妻に「セックスでどうして欲しい?」と聞けますか?

ベッドの上で妻のあなたは
夫に「セックスでこうして欲しい」と言えますか?
夫に「セックスでどうして欲しい?」と聞けますか?

性癖 相性 結婚

夫婦においてセックスはとても大事な問題です。
いくら性格的にすばらしい夫や妻であってもセックスの相性が絶望的だといずれ大きな問題が起こります。
それを『仮面夫婦』という形で解決するのか?
あるいは『離婚』という最終結論を出すのか?
性癖の相性を無視した結婚はいつか破綻の危険を抱えているのです。
ずっとモヤモヤの不完全燃焼でのセックスはいつか爆発・暴走してしまいます。
一度、自覚してしまった性癖を抑えることは難しいのです。

人はなぜ歪んだ性癖を持ってしまうのか?

正直に自分自身に問いかけてください。
あなたなら結婚相手やパートナーにどちらを選びますか?
①容姿も性格もバッチリだが、夜の性生活は絶望的
②容姿も性格もイマイチだが、夜の性生活の相性ばバッチリで最高



本心では②の方がほとんどだと思いますが世間体から多くの方は①を選んでいます。
確かに①の相手であってもただの子作りのための生殖的セックスは可能かもしれません。
でも、そんなセックスなんて気持ちいいものでしょうか?
なにも快楽だけを求めていません。
ただそんなセックスではとても心が充たされないのです。

予め自分の性癖をカミングアウトとしてから結婚相手やパ-トナーを選んでみませんか?
特に自分の性癖が原因で恋愛や結婚で失敗を経験した方ならなおさらです。
あんな辛い経験は二度としたくはないものです。
「実はオレ、こんなセックスがしたいんだ!」」
「今まで黙っていたんだけれど私、セックスの時にあなたにこんなことをして欲しいの」

「OK!]
そういってあなたの性癖をすんなり受け入れてくれることは現実的にあまり期待できません。
多くの場合は・・・

ありったけの勇気を奮って告白したのに相手からそれを全否定された時の辛さや悲しさ
その後の相手の態度の豹変やまるで異常者・変態扱いで自分を見下しているような態度
自分の性癖で一番悩んでいるのは自分なのにそれすら理解もしてくれない
その苦しさや辛さは経験者でしか理解できません。

最初から自分の性癖を受け入れてくれる相手
自分の性癖と同じ性的嗜好を持つ相手
そんなパートナーがこの世の中のどこかにいるとしたら?
勇気を出して探してみようと思いませんか?


IDiO(イディオ)

自分の性癖を隠して結婚したら、その後はずっと「隠し続ける?」「我慢する?」しかない

自分の性癖を隠して結婚

自分の性癖は普通の人とは少し異なる・・・
でも、それは
自分が我慢すればいい
自分が隠し通せばいいこと
と自分を偽った結婚はある意味、夫も妻もどちらにとっても悲劇といえるかもしれません。

自分の性癖を隠してお見合い結婚をしたAさんの悲劇

性癖の相性を無視した結婚

Aさんは一流大学を出て一流企業に就職しました。
身長も高くイケメンなAさんは社内の女子からも憧れの的でした。
毎年、バレンタインでデーにはたくさんのチョコレートをもらったり、猛烈なアタックを受けるAさんでしたが、誰ともお付き合いはしませんでした。
なぜなら
AさんにはSM行為でしか性的興奮は得られない性癖があった
からなんです。
そのことが会社にバレてしまっては一大事です。
Aさん自身もすでにたくさんの部下を持つポジションについています。
今の仕事にやりがいも感じています。
それを自分の性癖のことで失いたくはありません。

そんなAさんも40歳近くになってくると・・・

両親がしつこく勧めてくるお見合い話

「早く孫の顔が見せておくれよ」
顔を見るたび、耳がタコができるくらい何度も何度も小言を言ってくる両親
最初は聞き流していても、年々年老いていく両親に罪悪感を感じるようにもなってきたAさん。

そんな状況で降って湧いたように出てきたお見合い話
写真を見れば自分の好みの女性
家柄も申し分なし
実はAさん自身以上に両親のほうがもうすでに乗り気十分です。

「これが親孝行になるなら・・・」

Aさんは
「自分が我慢すればいい」
「本当の自分は隠し続ければいい」
そう考えて自分の性癖のことは二の次にして結婚の話を進めました。
お相手の女性もとても素敵な女性で、自分の結婚相手として申し分はありません。

トントン拍子で結婚して数年
無事に孫もできて両親も安心したようです。
Aさんも当初心配していた夜の新婚生活でしたが案外うまくいきました。
まわりから見れば、誰もが羨む幸せそうなカップルに見えます。

しかし、結婚後数年も経ってくるとAさんの性癖がムクムクと頭を擡げて(もたげて)きて我慢できなくなってきたのです。
次第に妻との夜の性生活ではまったくAさんは充たされず、だんだん妻とのHもただの義務感というか苦痛になってきたのです。
二人目を望む妻のベッドでのお誘いにもやんわりと断るようにしていました。

妻にはなにひとつ不満はない。
ただ、夜の性生活のことを除けば・・・・

ですからAさんは妻に隠れて再びSMクラブに通い始めてしまったのです。
Aさん自身も浮気ではなく
ただ自分の性癖を充たす時間を作りたかっただけ
ですし、妻には何不自由させない生活を保証してあげていたそうです。

しかし、
家庭や職場でのストレスをアブノーマルセックスで解消する
という好ましくないスパイラルにAさんは徐々に陥っていってしまいました。
アブノーマルセックスといっても自傷他害の恐れがあるような極端な性的嗜好(ペドフィリア・小児性愛、パラフィリア・性的倒錯)ではなく、いわゆるソフトSMというレベルです。
しかし、再び開けてしまったパンドラの箱は容易に閉じることはできません。
Aさんは足しげくそのSMクラブに通うようになってしまいました。
そうなってくるともはやAさんの性癖は隠し通すことが出来なくなり、妻も怪しむようになってしまいました。
Aさんにしてみればこれは浮気ではなく自分の性癖で妻とのセックスでは充たされないことによる心の隙間を埋めたかっただけなのですが、到底妻はそんなこと理解はできません。

夫の不可解な行動に不信感を持った妻は浮気を疑い探偵に調査を依頼しました。
その調査報告書には妻には到底信じられない衝撃の事実が書かれていました。
まさに青天の霹靂だった妻は
夫の性癖を頭ごなしに馬鹿にしなじったり、変態犯罪者扱いの罵詈雑言を浴びせた
そうです。
「ただの浮気なら許せるけれど、SMなんてなんと汚らわしい」
しかし、Aさんにとってはそれは浮気ではないのです。
ただ自分の性癖の心の隙間を埋めたかっただけで、相手に恋愛感情など一切持っていないのです。

その後のAさんの悲劇の結末はあなたの予想通りです。
別居から離婚になりました。
Aさんの性癖のことは離婚協議において白日のもとに晒され、それはAさんの両親にも知られてしまいました。

自分の性癖に理解して受け入れてくれるパートナーや結婚相手であれば最高ではありませんか?

自分の性癖に理解のあるパートナー

SMクラブにお忍びで通う方って意外と社会的地位の高い方も多いのです。
昔、将来を期待された有名な政治家のSMクラブ通いで失脚した話はあなたも聞いたことがあるかもしれません。
でも他人とは少し異なる性癖と持つ方には社長などの経営者や学校の先生など社会的地位のある方が多いのも事実です。

自分の性癖のことで社会的地位を失いたくはないのはかわっている。
でも、リスクを冒してでも充たされたいというのも本心でしょう。
では、自分の性癖に理解があってそれを受け入れてくれる結婚相手やパートナーを見つけることが出来たらどうでしょうか?
夜の性生活が十分に充たされたなら、きっと仕事やプライベートは最高にハッピーなものになると思いませんか?

自分と同じ性癖を持つ相性の良い結婚相手を探すなら【イディオ結婚相談所】も役に立ちます

実は「性的嗜好をタブー視しない結婚相談所|イディオ」をご存知でしょうか?
「性的嗜好をタブー視しない結婚相談所|イディオ」のホームページでは次のことを特徴といしていると説明しています。

性癖をタブー視しない!

イディオの意味は、Idiosyncrasy= 「個性、性癖、特異性」という意味です。特に性癖やフェチズムなど人それぞれ違った個性を持っています。一般的な結婚相談所は、そのような「性」に関わることをタブー視する傾向がある一方で、イディオは、「より本能的で本質的な」相性の合致を探求していきます。

変態かもしれない・・・

性的嗜好は人それぞれ違うと思います。少し変わっている、変態かもしれない・・・そう悩んでいる方も多いと思います。それをオープンにすることで、普通では出会えない異性と出会えることを目的としています。性的嗜好には様々ございます。S的要素、M的要素、ある行為に関するフェチズム・・・カウンセリング時にお聞かせいただけたらと思います。

性生活に不満を覚えない!

一般の結婚相談所では性的嗜好については、タブー視されています。また、婚前交渉は禁止されています。その理由は、ただの遊び目的の方がある一定数存在するからです。しかし、もし仮に成婚したとして性生活に不満を覚えてしまったらどうなるのでしょうか?大いに人生の時間を無駄にするのではないでしょうか。

出会い系アプリとの違い

カウンセラーがきちんと面談し、お名前等やお人柄の確認をさせていただきます。したがって、「身元のわからない人」による犯罪に巻き込まれることはありません。また、弊社はトビラの会全国ネットワークを利用し、きちんとしたマッチングとセッティングを行います。

お写真は必要ありません!

イディオ結婚&恋愛相談所は、少し変わった性癖をお持ちの方を会員といたします。そのため、お写真はいただきませんしお見せできません。写真が流出するリスクをなくすためです。「出会い」を希望される方には、お相手様の特徴や印象、その他必要な情報をお伝えいたします。

お見合い時には仮名も可能です!

特殊な婚活ですので、ご本名は最初は明かしたくないとされる方も多いと思います。お見合いの時に本名を使う必要はございません。

トビラの会全国ネットワークに加盟

トビラの会とはSM嗜好の方のための安全で安心な出会いを10年以上にわたってプロデュースしている事業者です。2020年現在、2000名以上の会員規模となっています。私たちは、その全国ネットワークに加盟し、コンセプトを婚活にフォーカスして活動させていただきます。

もっとたくさん出会いたい!

性的嗜好も大事だけれど、もっとお見合いの数を増やしたとされる場合には、イディオ結婚相談所からのご紹介を受け入れている一般の結婚相談所をご紹介いたします。その場合にはイディオ結婚相談所におけるルールと一般の結婚相談所におけるルールの違いに注意する必要がございます。

もし、自分の性癖で結婚を諦めているのなら、一度この「性的嗜好をタブー視しない結婚相談所|イディオ」もチェックしてみてみてくださいね。

IDiO(イディオ)